スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
この人はどんな人生を送っていただろうね。
同性婚邦人、送還の危機 「配偶者」の在留資格認めず
2011.7.18 11:15

クリックして拡大する
米ニューイングランド地方の自宅で、同性婚相手の米国人女性(左)と庭を見る日本人女性=4日(共同)

 米ニューイングランド地方在住の日本人女性(56)が米国人女性(50)と居住地の州法に基づき正式な同性結婚をしたにもかかわらず、連邦政府が所管する在留資格の要件である米国人の「配偶者」とは認められず、不法滞在となり強制送還される危機に立たされている。

 米国の法制度は各州の州法と米全体の連邦法の二重構造。女性の地元州法は同性婚を認めるが、永住権やビザを扱う連邦法レベルでは、「結婚防衛法」が同性婚を否定、配偶者扱いとならない。オバマ大統領は結婚防衛法は違憲との見解を示したが、なお法律の効力はある。(共同/SANKEI EXPRESS)
スポンサーサイト

2011-07-18 Mon 19:04
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<こんなのは逮捕か。 | 不死鳥の独り言 | 消された私、あの衣類は私にとって、何だったか、分かった。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 不死鳥の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。