スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
下流の世界。
ドナー、借金帳消しで了承…報酬10万円 (読売新聞)

 昨年7月に「宇和島徳洲会病院」(愛媛県宇和島市)で行われた生体腎移植手術を巡る臓器売買事件で、臓器移植法違反(臓器売買の禁止)などの疑いで逮捕された無職石川竜哉容疑者(21)は、約100万円の借金帳消しと報酬の受け取りを条件に臓器提供者(ドナー)になっていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 当初は200万円以上の報酬額が提示されたものの、最終的に受け取ったのは10万円だった。警視庁は、住吉会系暴力団組長・坂巻松男容疑者(70)らが、生活苦にあえぐ石川容疑者を巧みにドナーに仕立てたとみている。

 捜査関係者によると、坂巻容疑者は昨年5月末頃、クリニック院長・堀内利信容疑者(55)(別の臓器売買仲介事件で逮捕)側からの依頼で、組事務所に出入りしていたアルバイト矢野勇介容疑者(30)にドナー探しを指示した。矢野容疑者は当時、石川容疑者に約100万円を貸し付けており、借金の帳消しを条件にドナーになるよう誘うと、石川容疑者が応じたという。
スポンサーサイト

2011-07-14 Thu 14:04
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<「相手の家族や親戚と 自分の人生や財産を共有する事になると考えておいた方がいい。」 | 不死鳥の独り言 | これは逮捕か。私のは何だった??>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 不死鳥の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。