スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
PTSDで自殺。
強盗強姦相手に書いた手紙

 20代女性から現金を奪って乱暴したとして、強盗強姦(ごうかん)罪に問われた熊本市の無職田中奨被告(21)の裁判員裁判判決で、熊本地裁は7日、懲役12年(求刑懲役20年)を言い渡した。女性は心的外傷後ストレス障害(PTSD)となり、事件の4カ月後に自殺した。

 判決理由で鈴木浩美裁判長は「被害者が負ったPTSDは、生きていこうという気持ちを完全に奪い去るほど深刻で、事件が(自殺の)大きな要因となった」と指摘。一方で「死亡の結果を刑事責任に反映させることはできない」とした。

 検察側の冒頭陳述や論告によると、女性は家族と一緒に暮らし、働きながら資格試験に挑戦するなどしていた。事件後は感情が不安定になり、周囲に「死にたい」と漏らすように。田中被告に宛てて「どうかもう二度と同じことはしないでください。私のような思いをする人を、あなたの手でつくらないでください」と手紙を書いていた。

 7日の判決言い渡し後、鈴木裁判長が「女性が伝えたかったことを一生忘れないで」と諭すと、田中被告は小さくうなずいた。

 判決によると、田中被告は昨年12月、熊本市内のビルのエレベーターで女性を脅迫して現金1万3000円を奪い、乱暴した。(共同)
スポンサーサイト

2011-07-08 Fri 13:37
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<同妃はカジュアルでシックなファッションが得意とあって、着こなしもバッチリ決まっていた | 不死鳥の独り言 | 法の意味。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 不死鳥の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。