スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
私の問題点が分かった。---精鋭部隊。
“沈黙のプロ集団”シールズ 隠れ家を再現、作戦準備に数カ月 標的名は突入直前まで秘密に 
2011.5.4 22:58 (1/2ページ)
 【ワシントン=佐々木類】国際テロ組織アルカーイダの指導者、ウサマ・ビンラーディン容疑者の隠れ家を急襲した米海軍特殊部隊(SEALS=シールズ)。“沈黙のプロ集団”という呼び名を持つ隊員たちは、任務遂行直前まで秘密保持のためターゲットがだれかを知らされていなかった。水中破壊工作など水中作戦を得意とする彼らがなぜ、内陸部での“頂上作戦”に起用されたのか。ベールに包まれていた特殊部隊の輪郭が浮き彫りになってきた。

 「勇猛果敢な精鋭部隊が歴史の流れを変えたことを誇りに思う」

 シールズ司令官のウィンター米海軍少将は作戦成功後、シールズ隊員に任務遂行を祝う電子メールを送っていた。「まだ、戦いは終わっていないから、秘密保持には十分に気をつけるように」とも付け加えた。

 外部に漏れたウィンター少将の電子メールは、米メディアがこぞって報じた通り、シールズが今回の作戦で主役を張ったことを明快に裏付けている。

 米NBCテレビなどによると、場所は不明だが、米軍はビンラーディン容疑者が潜んでいた隠れ家と同様の施設を建設。暗闇での身柄確保や抵抗された場合の殺害など、突入訓練を数カ月間にわたり入念に実施したという。

 だが、突入したシールズ隊員らが実際のターゲットの名前、それがビンラーディン容疑者であることを聞いたのは、「突入直前」。ヘリの中で瞬間、緊張で張りつめていた隊員らの間に大歓声が沸き起こった、という。

 「失敗という選択肢はない」。死のふちで臨機応変の対応が求められるシールズの合言葉だ。

 シールズは、米中央情報局(CIA)とチームを組み、アフガン全域でアルカーイダ幹部の所在を捜索、攻撃する作戦を遂行。今回の作戦もCIAのパネッタ長官の直接指揮下に入り、合同で実施した。

 シールズは、海軍と沿岸警備隊のうち知力、体力に優れた17歳~28歳の隊員が海、陸上での特殊訓練、パラシュート降下など過酷な訓練を経て選抜される。200人中、正規隊員に選ばれるのは約30人という。

 AP通信によると、イラク戦争でサダム・フセインを捕獲したのは米陸軍特殊部隊の通称“デルタフォース”。アフガン作戦はシールズという棲み分けを行ってきた、という。
スポンサーサイト

2011-07-06 Wed 10:18
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<外国人の弱み。 | 不死鳥の独り言 | 日本語。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 不死鳥の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。