スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
死刑適用基準
死刑適用基準
現在、刑罰として死刑が選択される場合は、「1983年に最高裁が永山判決(永山基準)で示した9つの要件と、1999年末における同裁判所の判例から、更に5つの要件(A.殺人の前科、B.殺人の計画性、C.犯罪への主導性、D.動機への情状、E.犯行後の反省)を加えて審議される」と言われ、永山判決の9要件と追加された5要件を整理すると、下記の12要件にまとめられる。
1 犯罪の性質 2 殺人の計画性
3 犯罪への主導性 4 犯行の動機、及び動機への情状
5 犯行態様、特に殺害方法の執拗性、残虐性 6 結果の重大性、特に殺害された被害者数
7 遺族の被害感情 8 社会的影響
9 犯人の年齢 10 殺人の前科
11 犯行後の情状 12 犯行後の反省
スポンサーサイト

2011-07-05 Tue 13:21
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<こんなので逮捕か。ならば、私のは?? | 不死鳥の独り言 | 人間の潜在能力、潜在意識。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 不死鳥の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。