スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
元少年3人死刑 「厳罰」支持した最高裁判決(3月11日付・読売社説)
元少年3人死刑 「厳罰」支持した最高裁判決(3月11日付・読売社説)
 凶悪事件を引き起こした少年には厳罰で臨む。その流れを決定付ける司法判断といえよう。

 1994年に大阪、愛知、岐阜で起きた連続リンチ殺人事件で、最高裁は、犯行時18~19歳だった3人の男を、いずれも死刑とする判決を言い渡した。

 同一事件で複数の少年の死刑が確定するのは、記録が残る66年以降、初めてのことだ。判決は今後、少年事件の量刑を判断する際の一つの指標となるだろう。

 3人は11日間に4人の命を奪い、殺人罪などに問われた。

 路上で男性に言いがかりをつけ、部屋に連れ込んで絞殺した。仲間の男性に暴行し、河川敷に放置して死亡させた。娯楽施設にいた男性3人を車に監禁し、現金を奪った上、うち2人を金属パイプで殴るなどして殺害した。

 極めて残虐な事件である。

 名古屋地裁は、犯行の中心的立場にいたとして1人に死刑を言い渡した。残る2人については、犯行での役割や矯正の可能性に差があるとして無期懲役とした。

 名古屋高裁は3人全員を死刑とした。3人の行為について、「刑を異にするほどの差はない」と判断したためだった。

 最高裁はこの高裁判決を支持した。犯行を「なぶり殺しというべき凄惨
せいさん
なもの」と指弾し、地裁が無期懲役とした2被告についても「追随的・従属的だったとはいえない」などと判断した。

 犯行時に少年だったことを「酌むべき事情」の一つに挙げてはいるが、それを「最大限考慮しても、死刑はやむを得ない」と結論付けた。4人殺害という重大性を重視した結果である。

 少年法は少年の健全育成・保護を基本理念とし、18歳未満の少年に死刑を適用することを禁じている。だが、「年長少年」と言われる18~19歳はその対象外だ。

 年長少年の行動には、大人と同様の責任が伴う。重大な罪を犯せば厳しく罰せられる。判決からは、最高裁が発したメッセージが汲

み取れよう。

 昨年11月、少年事件の裁判員裁判で初めて死刑が言い渡された。2人を殺害し、1人に重傷を負わせた被告は犯行時、18歳だったが、仙台地裁は被告の年齢について、「死刑を回避する決定的な事情とはいえない」と指摘した。

 少年による凶悪事件が相次ぎ、市民の目が厳しくなっていることの表れだろう。

 少年への厳罰を少年犯罪の抑止につなげていかねばならない。

(2011年3月11日01時01分 読売新聞)
スポンサーサイト

2011-03-11 Fri 21:24
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:1
<<なるべく日本人の良いところを信じよう?? | 不死鳥の独り言 | 妻を持つべきか>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

不死鳥の独り言 元少年3人死刑 「厳罰」支持した最高裁判決(3月11 ... 凶悪事件を引き起こした少年には厳罰で臨む。その流れを決定付ける司法判断といえよう。 1994年に大阪、愛知、岐阜で起きた連続リンチ殺人事件で、最高裁は、犯行時18~19歳だった3人の男... …
2011-03-12 Sat 09:56 トリックスター
| 不死鳥の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。