スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
自分の国なので、確実な価値観がある。
橋下、今度は佐賀県知事にケンカ売る「霊感あるのか!」
2011年6月30日(木)17時0分配信 夕刊フジ 

 関西電力との対決姿勢を打ち出している大阪府の橋下徹知事がまたまたブチ切れた。火力発電所の再稼働などで電力需給が改善すると発表した関電が15%の節電要請を変えないことを批判し、7月1日からの節電要請に合わせて「産業界、中小企業は節電しなくていいという反節電キャンペーン」の実施を検討していることを30日午前、明らかにした。

 さらに恐怖心をあおり商品を売りつける霊感商法になぞらえて「『原発を再稼働しない限りは引かない』と、自ら霊感商法だと言ってくれているのでありがたい。これに乗っちゃいけない」と強烈に批判した。

 橋下知事は29日夜にも、海江田万里経済産業相が九州電力玄海原発2、3号機の再稼働を目指し佐賀県玄海町を訪問したことをめぐり、「経産省のやり方は、霊感商法と同じ」と批判。佐賀県の古川康知事が、玄海原発の運転再開を容認する姿勢を示したことについても「データがあるのか。それとも知事は、霊感をお持ちなのか」と揶揄。佐賀で開かれた説明会も「やらせ」とこき下ろした。

スポンサーサイト
2011-06-30 Thu 18:03
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
ヘビの生き殺しはツライ 日本語。
それでも、いざ選挙となれば一心同体の夫婦ぶり。
 「選挙区はアップダウンの厳しい土地柄で、そこを歩き回っているうちに水野の下半身が鍛えられ、キュッキュッと締まりのいいきんちゃく名器ができあがった。ですから、今回の不倫騒動の原因は、やりたいときに水野とできない後藤田氏の欲求不満の表れなんです」(政治部デスク)

 ヘビの生殺しはツライ!

2011-06-30 Thu 17:40
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
こういうこともあるのか。
千葉大女子学生殺害、竪山被告に死刑判決

 千葉県松戸市で2009年、千葉大4年の荻野友花里さん(当時21歳)が殺害された事件で、強盗殺人罪などに問われた、無職竪山辰美被告(50)の裁判員裁判の判決が30日、千葉地裁であった。


 波床(はとこ)昌則裁判長は「死亡した被害者が1人でも極刑を回避する決定的な理由にならない」と述べ、求刑通り死刑を言い渡した。

 量刑を巡って、検察側は荻野さん殺害以外にも事件を起こしていることなどから、「死者が1人でも死刑を回避する理由にならない」と主張した。

 一方、弁護側は「死者は1人。他の事件の被害者を(死刑)判断の際に用いるべきでない。死刑判決のラインまで達していない」と死刑回避を求めていた。

 起訴状では、竪山被告は09年10月20~21日、荻野さん宅のマンションに侵入し、帰宅した荻野さんに包丁を突きつけ、現金約5000円とキャッシュカードを奪った上、胸などを刺して殺害。22日、再び荻野さん宅に侵入し、遺体近くの衣類に火を放ち、壁や天井などを焼いたとしている。

 公判では、荻野さん以外の女性5人に対する強盗傷害や強盗強姦ごうかん事件などの審理も同時に行われた

2011-06-30 Thu 16:10
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
変な日本人。
小さい不始末を厳しく糾弾し、大きなことを許すようになってきたように思う
2011-06-30 Thu 12:16
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
西尾由佳理(33) 入社10年という区切り
またひとり、日テレのアナウンサーが汐留を後にすることになった。以前から辞めるという情報が絶えなかった西尾由佳理(33)が8月末に退社するという。

 西尾は8月20日と21日に放送される「24時間テレビ」の総合司会の仕事が最後になる。「入社して10年という区切りを迎えたのを機に今、新たな一歩を踏み出してみたいという気持ち」とコメントも発表した。

「西尾にとって最近は最悪でした。新賃金制度などで給料がダウンし、メーンで出演してきた『ズームイン』が3月で終了して第一線から引っ込んでいた。日テレではやる気をなくしていたのが実情です。局内では近いうちに辞めると思っていた人が多いので別に驚いてはいませんが……」(日テレ関係者)
 辞めた後だが、飛ぶ鳥を落とす勢いの宮根誠司の所属事務所に入るともっぱら。宮根の事務所には春まで一緒に「ズームイン」を担当した羽鳥慎一が所属していて西尾は“スカウト”されたようだ。3月に日テレを辞めた羽鳥は直後の4月からテレ朝「モーニングバード!」のメーンに起用されたが、事務所の豪腕ぶりは業界でも有名だ。
 羽鳥、西尾に続くのは――局内では次なる名前が早くも取り沙汰されている。

2011-06-30 Thu 11:01
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
自分で見えない壁を作った。
最後に堀江氏は、視聴者に向けて、自分はこれから窮屈な生活を送るが、「自分の行動範囲をせばめているのは自分自身。自分でみえない壁をつくって鬱屈している。壁をとりこわして自分を開放して。心の壁で制限しなくていい。身近なところから変えていくしかないですよね」とメッセージを送った。
2011-06-30 Thu 02:30
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
良い言葉だ。
悲喜こもごもの内容となってしまった。たとえ一時的であっても日本を人生の舞台に選んだ中国人からのこの声をやはり日本社会に届けたい。そう思って、今週のコラムにした。
2011-06-30 Thu 02:25
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
面白いことが書いてある。
国会議員になるような奴は、それなりに知識もあるし知恵もある。
はっきり言ってバカじゃないでしょう。
まして菅直人は東京工大を出ている。理系の専門系大学としては
やはり「最高峰」なわけで、どんなに人格低劣でも、原発が爆発やメルトダウンを
起こせばどういう結果になるか、理解はしてますよ。

ただ、そうした災害が起きたら最後、数十年単位ならともかく、数年で現状復帰
なんて不可能だってことも知ってるわけで、自然災害なら政府も東電も免責
だろうけど、どう考えても政府や東電は責任追及され、天文学的な賠償金を
払わざるを得なくなる。

だから、被害者の大半がはやく死滅するように、仕向けるしかないのだと
思いますよ。

基本は、情報を徹底的に隠し、隠しとおして、知らんぷりをきめこむ、
ということ……。
 
これまでの日本の政府や企業の損害賠償事件は、たいてい、無駄な抵抗や
誤魔化しをして時間稼ぎをしながら、被害者が弱ったり減ったりして
追及の戦いが沙汰やみになるのを数年でも数十年でも待つ、という持久戦に
持ち込んで、政府や企業の側が被害者を負かしてきました。
そういう意味で言えば、公害や行政犯罪や企業犯罪による被害者たちは、
つねにセカンドレイプされてきたも同然です。

>やるべきことが、ずれているとの自覚はないんでしょうか?

これは故意にそうしているとしか思えません。
受験戦争を勝ち抜いた俊才たち、官僚や大企業の幹部は、馬鹿じゃないですよ。
だからいっそう悪質で救いがないのです。

こういう犯罪者を追いつめるにはどうしたらいいでしょうねえ……。
 
ユダヤ人が秘密結社を作ってナチスの残党を徹底的に追いつめて、
国際条約やよその国の国内法を完全に無視して、ナチスの残党を
見つけたら誘拐拉致してイスラエルに連行して自分らだけで「裁判」に
かけて死刑にしたり、あるいはそうした面倒な手続きを経ずに、ミュンヘン
オリンピックのイスラエル選手殺しのテロ犯たちを、何年もかけて極秘裏に
追跡して、こっそり暗殺して報復を遂げたみたいに、市民は「報復する権利」を
発揮すべき時ではないか、と思ったりします。



日本は戦勝国に“国のかたち”をデザインしてもらい、戦勝国の意のままに、
卑屈な植民地官僚の土人どもを使っての間接統治で、これまで六十数年間
なんとか経営してきた国家でした。 はっきりいって「民主国家」なんてウソです。

民主主義というのはヨーロッパで生まれ育ち、アメリカで大がかりな施行実験
が行なわれてきた統治方式ですが、民主主義統治の大前提として、絶対神の
下での市民の平等という宗教的な教義があり、さらにまた、社会契約にもとづいて
人民から権力を付託された政府が、もし人民に背いた場合は、人民が政府を倒して
権力を取り上げ、あらたな政府をたてるべし、という「市民的抵抗の原理」が
あらかじめ組み込まれた統治方式です。こうした要件を欠いたものは、しょせん、
土人社会がマネして作ったまがいものにすぎません。

日本がもし民主主義国なら、人民は現行政府を倒すべきです。また、日本が
もし民主主義国になりたいなら、やはり「市民的抵抗」権という天賦の権利を
発動して、やっぱり政府を倒すべきです。 アメリカ合衆国は、宗主国イギリス
による圧政と搾取に抵抗して、武力革命(独立戦争)によって「民主主義国家」
を建てました。「民主主義」というのは、よかれあしかれ、そういうものです。

そういうケンカが嫌いな人もいるでしょう。西洋流の「民主主義」が日本に
なじまないと考える人もいるでしょう。それを否定する気は全然ありません。
しかし対案を出すべきでしょうね。

……脱線してしまいましたが、自民党時代ももちろんひっくるめて、原発にしか
頼れない、選択肢の無い国を作り上げて、挙げ句の果てに自滅しつつある
こういう国を作ってきた、日本の国家政府と県政府の歴代の権力者、そして
電力会社の歴代の責任者を、われら生きている者たちで、何十年でも執念で
追及し、報復するしかないと思うのですよ。国民がそれをしなけりゃ、
奴らは国民をいつまでもナメてかかりますからね。

2011-06-30 Thu 01:23
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
私の状態だ。
子供の頃からずっと冷戦の息苦しさをどこかで感じていて、
80年代にも、ソ連という警察官僚国家が、日本のすぐそばで永久に
続いていくと思われたものでした。そういう文脈で、当時できたばかりのMTVの
深夜のビデオクリップ番組なんかを見ていた。フランキーゴーズハリウッドとか
デビッドボウイとか英国のパンクやニューウェイブの楽曲は、冷戦の重苦しさと
やりきれなさを猛烈に反映したものばかりでしたよ。

ところが本当に突然、チェルノブイリ事故が起きてソ連とヨーロッパが土台から
大変動を開始し、ベルリンの壁が自壊し、さらには、ソ連が消えるという
信じがたいことが実際に起きて、東ドイツでは党政府を信じていた人たちが
(アイデンティティ不安に追い込まれて絶望した結果)大量に自殺したし、
ソ連でも政府に寄生していた年金生活者などが乞食になって、ゴミ処理場で
残飯を探して食べるなど、カラスや野良犬と同じになってしまった


まさに、ああ無情……諸行無常そのものでしたね。

2011-06-30 Thu 01:07
別窓 | 裁判・材料 | コメント:0 | トラックバック:0
これは面白い。

・ソ連人は、党独裁国家の強みを生かして、なんとか石棺で汚染をとどめた。
・ドイツ人とイタリア人は、あらかじめ原発廃止に動いていたので
  そもそも爆発も起こりえず、ワインを飲みながら女を抱いていた。
日本人は、見ざる言わざる聞かざるの日本ザルになって、そのあと絶滅した。

2011-06-30 Thu 00:59
別窓 | 日本の真実 | コメント:0 | トラックバック:0
耐えられない。
こんにちは。ロータリー米山記念奨学会事務局です。
>
> 今年中国に帰国した米山学友、沈媛(シェン ユアン)さん
> (2010-11/習志野中央RC)が、東日本大震災チャリティーコンサートとして、
> 電子オルガンリサイタルを開催します!
> 沈さんは、中国国内のエレクトーンコンクールで何度も優勝した経験をもつ中国屈指の
> 電子オルガン演奏家です。コンサートの収益金は全額義援金として寄付されます。
>
> ・日程:2011年7月2日(土)19:00 開場、19:30 開演
> ・場所:四谷区民ホール(定員450 人)
> (地図→http://shinjuku-kuminhall.com/pc/pdf/yotsuya_map.pdf)
> ・料金:学生1,000 円(要学生証)、一般2,000 円
> ・主催:北京大学日本校友会

2011-06-30 Thu 00:16
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
年々厳しくなる「派遣」という働き方。
年々厳しくなる「派遣」という働き方 (kmonos)



働き方の選択肢としての人材派遣
1986年に日本で人材派遣に関する法律ができて25年。1990年代は、派遣で働くか、正社員として働くか、よく比較されて注目を浴びていましたが、あくまでそれは働く形態の選択肢が増えたという前向きなイメージがあったように思います。

例えば、1990年代に共に働いていた当時の同僚の20代の女性は派遣という立場を選んだ理由を次のように言っていました。

「正社員としてはとうてい入社できない企業でも、派遣でなら働くことができるのよ。いろんな企業を見ることができてとっても勉強になるし、飽きない。次は世界的な規模の外資系企業で働きたいわ。」

また、別の派遣社員の女性はこう言いました。

「今はインターネット企業で働いているけど、いろんな業界で経験を積んでいきたいわ。ある程度したらメーカーや金融業界でも仕事をしたいと思っているの。派遣で色々な業界で経験を積んでいくことが理想。」

彼女たちの考えを聞いて、ずいぶん軽やかな働き方をする女性が増えてきたものだなと思いました。

ちょっと変わったところでは、ボディビルダーを目指しながら派遣をしているという20代の派遣の男性もいました。彼は言いました。

「ボディビルダーを目指しているから、毎日仕事を終えてトレーニングは欠かせない。そうなると、時間的に融通がきく派遣のほうがいい。あらかじめ派遣会社に残業ができない旨を伝えてその条件で今の仕事を紹介してもらったので、気兼ねなく退社できる。」

派遣=女性のものだった時代
1990年代はまだ派遣は若い女性の働き方というイメージがありました。私は、彼の理由を聞いて、派遣社員という働き方を男性もまた選ぶようになったのだと、多少驚いたというのが正直なところです。

ところが、一斉に吹き荒れた「派遣切り」の嵐から約3年近くが経過しようという最近になって、周囲にも派遣社員の男性がどっと増えたなあという実感があります。なかなか仕事が見つからず、「どんな仕事でもいいから」と飛びついた仕事のあまりに劣悪な実状に疲れきった表情の知人もいます。いざ仕事には就いたものの、「給与だけでは生活できない」「仕事を教えてもらえず嫌がらせがひどい」・・・など、質の悪い雇用も拡大しているようです。

不安定雇用や低賃金雇用など質の悪い雇用は、生活できない仕事を増やし、結果としてダブルワークどころか、トリプルワークの人もいます。規制緩和によって原則自由化されている派遣は、安定雇用を侵食し、求職者が正社員として就職する機会を奪っているのです。派遣という働き方には、正社員にない様々な魅力があること理解できますが、年齢が高い人は、明確な目的と確たる自信がない限り安易に正社員の立場を捨てるべきではない時代にあるということは確かなようです。

年齢制限のため仕事が見つからない現実
人材紹介会社で働く知人がこんなことを言っていました。

「年齢が40歳を超えるとその人がどんな能力があるかに関係なく求人がぐっと減るのが現実。しかし、年齢と仕事をする上での能力はまったく関係ないし、歳を重ねたからこそ力を発揮できる職種だってある。自分ももうすぐに40代に突入するし、人ごとじゃないよ…。」

彼は言葉どおり、年齢が高いという理由で仕事が見つからない人たちがそれぞれの能力をよりアピールできるよう、仕事とは別にボランティアでコミュニケーション講座をはじめました。しかし、そもそもアピールする面接の機会をもらうこと自体が難しい現実の中、まだ結果には結びついてはいないようです。

ただ、もちろん彼が言うように、年齢が上がるほど能力が下がるわけではなく、40代以上の人たちには、それなりの活動の仕方があるはず。彼によると、40代は通常の新聞の求人欄などでの採用というものはあまり期待できないそうです。なぜなら、そのような求人は特別な技術などが必要のない仕事も多く、若手を採用する傾向にあるからです。この年代の人たちは、いろんな仕事の経験を積み、自分なりの人脈もあるはず。まずは自分の人脈から次の仕事の機会を探すことも有望ではないでしょうか。

また、人材紹介サービスの活用も若い人以上に積極的にすべきかもしれません。もちろん、人材紹介サービスによって特色がありますから、自分の希望する職種や条件に合った、人材紹介サービスを選ぶことも大切です。さらに、40代以上での転職となれば、雇用する側もそれなりの目で見てくるもの。何の対策もせずに面接に行ってしまっては簡単に再就職できるわけがありません。もちろん、人材紹介サービスの担当者と事前に相談をすることは有効です。

準備をしっかり、自分の能力をしっかりアピールしてがんばりましょう!

40歳以上の転職に強い人材紹介会社
なお、40代以上の転職に強いと評判の人材紹介会社としては以下のような企業があります。

『DODA』(株式会社インテリジェンス 非上場) 求人件数は業界トップクラス。難関一流企業や地方の就職にも強いと言われている。 サービスの最大の特徴はスカウトサービス。

『リクルートエージェント』(株式会社リクルート 非上場) 40代の中高年から高収入転職が可能と色を打ち出している。履歴書PR文の指導など中高年の転職で評判の高いNo.1転職エージェント。

『マイコミエージェント』(株式会社毎日コミュニケーションズグループ 非上場) マイコミグループの総合力と粒ぞろいの専門コンサルタントが武器。

『パソナキャリア』(株式会社パソナグループ)  40代・50代を中心に、30代後半から60代前半のキャリア・スキルの高い求人情報に特化したウェブサイト『PASONA MASTERS(パソナマスターズ)』を提供。

2011-06-29 Wed 17:03
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
良く言った!!そういうことだ。でも、自分がそうなるとは思ってもみなかった。
悪いことをしたのは一体どっちですか???
 二股かけて、他の女と結婚した詐欺師で極悪人の「彼」ですよね!
 あなたの方こそ、女が最も綺麗で売り頃のいい時期を彼に食いものにされたことを激怒すべきです!!!
 根性を据えて、はらを括って、断固として、彼に抗議して下さい!
 「行き送れた慰謝料として十億円を支払え!」

2011-06-29 Wed 11:24
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
使える。
使い捨てされた経団連は地に落ちたものだが、三木谷もとんだ食わせ者だ。
2011-06-29 Wed 01:15
別窓 | 裁判・材料 | コメント:0 | トラックバック:0
中々良いことを書いてある。
土田晃之の嫁に学ぶ愛妻芸人の育て方
笑 |

土田晃之といえば、芸人でありながら妻の入院をきっかけに育児休暇を取るなど子煩悩で、何より愛妻家で知られている。

先日放送された『ブラマヨとゆかいな仲間たち』では、小杉に「なぜそんなに妻に一途になれるのか」「浮気をしないのか」と問われ土田らしい理詰めの理由を明かしている。

「単純に浮気がバレて離婚になってもいいの?」と。

もしそうなれば、大好きな4人の子供や嫁と一緒に暮らせなくなる。家も持っていかれるだろう。そして子供たちが成人するための養育費や慰謝料を全部合わせたら総額で2億円くらいになるのではないか。

「そんな2億の価値のあるSEXって何?」

その土田の言葉に絶句するブラマヨ小杉(笑)。


土田は「やっぱり女の人が男を育ててるんだな」と自分の嫁の素晴らしさについて続けて語る。

たとえば、土田はお笑い芸人を唯一辞めようと思ったことがあった、という。

それは大きな特番があった時。

その収録後のパーティーがあり、そこで芸人の諸先輩がプロデューサーたちにビールを注いでいた。

そういう社交的なことが嫌で、それが出来ないからお笑いの世界に来たのに結局サラリーマンと一緒かよ、と嫌気がさした土田。それを「仕事なんだから、ビールくらい注ぎなよ」と言われるのを覚悟して「結局さ、そんなことしなきゃダメなんだよ」と愚痴ると、彼女はこう言い放った。

「そんなことする必要ない。ビールなんか注がなくていい。そんなことしたらアンタの良さがなくなっちゃう。ビール注がないくらいで仕事がなくなるなら大した世界じゃない」

そう言われた土田は天邪鬼さゆえ「ビールくらい注ぐわ!」と改心したのだという。


そういう天邪鬼な土田の性格を熟知した彼女の手綱さばきは私生活でも冴え渡る。

オフの時に朝起きてゴロゴロリビングでテレビ見てても、普通の奥さんだったら「ちょっと休みだったら子供の面倒みてよ」とか「どっか行こうよ」とか言うでしょ?

うちの嫁ね、一切言わなかった。

それで、俺いつも「せっかくのオフをムダにしたな」って(後悔してた)。「だったら皆で出かければよかったな」って思ってて。

その半年後くらいにこれじゃあいかんって明日休みだから嫁さん誘ってみよって思って「明日休みだからどっか出かけない?」って。「あ、行こうよ」で、出かけたときに子供も嫁さんもすげー嬉しそうだったの。それ見て、その日からオフの日は100%家族と外出するようになったの。

やっぱ嫁さんにコントロールされてんだよね。

「どこどこ連れてってよ」って言われて「分かったよ、行くよ」って渋々行ってるとストレス溜まるでしょ。義務になって。

でも俺のほうから率先して「行こうよ」って行って二人が楽しそうだ、また行こうってなるから、いまだにストレスじゃない。

結婚してもう12~3年たってるけど、いまだにオフは必ず外出してるからね。


高級車を欲しくて買おうか迷っている時も背中を押してくれるのは彼女だった。

「今ね、あなたはその車が買えるだけお金がある。仕事がなくなったらその車を売っぱらって電車で通うことになるんだから今買えるなら、今買いな」

結果、いい車に乗ると、「この生活はキープしたい」と思うから自分の仕事を頑張れるからいい車買って良かったな、と土田は振り返る。



そのあまりに悟りの境地にいるような土田の嫁の話にブラマヨ吉田は驚嘆。

吉田「悟ってる。ダライ・ラマ子じゃないですか!」


そういえば『アメトーーク』の「嫁を大事にしてる芸人」にも土田は出演し、そこで妻への深い愛情を示す名言を残している。

土田「結婚というのは自分が好きな人の年老いてゆくのを見れる権利を得たことと思っている」

今回の話を聞いた後にこの言葉を改めて読むとより一層響いてくる。

2011-06-29 Wed 01:10
別窓 | 裁判・材料 | コメント:0 | トラックバック:0
そういうもんではないだろうか。
いつもエッチな気分でいれば長生きできる!衝撃データ  (夕刊フジ)

 100歳以上の日本人が4万人を突破し、日本人の平均寿命はこの半世紀で男性は20年、女性は25年以上ものびているが、一方で、100歳以上の80パーセントは認知症が疑われ、過半数が「寝たきり」だという報告もある。

 では、ボケずに元気な100歳の方々は何を食べ、どんな運動をし、どんな習慣を持っているのか。そして、健康が気になる中高年世代はどんな生活を送ればいいのかが書かれている本「ボケない100歳 2309人がやっていること」(アスコム刊)が発売された。

 本書では100歳まで生きている2309人のデータやエピソードを元に、元気に長生きする人たちの共通点を長寿研究で有名な順天堂大学大学院教授の白澤卓ニ先生が解き明かしていく。

 長生きしている共通点としては「嫌いなものはいっさい食べない」「いつもエッチな気分でいる」「両手と舌をよく使う」「遊ぶの大好き」など、驚きの共通点が書かれている。

2011-06-29 Wed 01:05
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
日本の真実。
外国人研修制度の対応批判=人身売買報告書―米国務省 (時事通信)

 【ワシントン時事】米国務省は27日、世界約180カ国・地域の人身売買の実態をまとめ、各国政府の取り組み状況を4段階に格付けした2011年版人身売買報告書を公表した。報告書は日本について、外国人研修生制度に絡む虐待問題に適切に対処していないなどと批判、7年連続で上から2番目のグループに位置付けた。

 報告書は、中国人研修生らに対する保証金を通じた身柄拘束や行動制限、無報酬労働などの虐待の事実が報じられているにもかかわらず、日本政府は強制労働の存在を認めていないと指摘。「日本政府は人身売買撲滅に向けた最低限の基準を順守していない」と結論付けた。 

[時事通信社]

2011-06-29 Wed 00:31
別窓 | 裁判・材料 | コメント:0 | トラックバック:0
日本は「人身売買根絶の最低基準満たさない国」
日本は「人身売買根絶の最低基準満たさない国」 (読売新聞)

 【ワシントン=中島健太郎】米国務省は27日、世界各国の人身売買の実態をまとめた年次報告書を発表、

 この中で日本について、外国人研修生制度に人身売買に近い実態が見られるなどとし、7年連続で「人身売買根絶の最低基準を満たさない国」(4段階中の上から2番目)に分類した。

 報告書は、中国や東南アジアなどの出身者が日本企業で技術を身につける「外国人研修・技能実習制度」について、賃金不払いや長時間労働、旅券を預かって移動を制限するなどの問題点があると指摘。暴力団組織が性風俗産業で外国人女性を働かせる例も取り上げ、日本政府による取り組みが不足していると指摘した。

2011-06-29 Wed 00:29
別窓 | 裁判・材料 | コメント:0 | トラックバック:0
これで逮捕か?
市民交流センター副所長が女性介護士をストーカー (産経新聞)

 介護士の女性につきまとっていたとして、滋賀県警守山署は28日、ストーカー規制法違反の疑いで、野洲市民交流センター副所長、西田茂容疑者(57)=同市六条=を逮捕した。同署によると「間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、今年5月12日ごろから同24日ごろの間、県内に住む介護士の女性(51)を待ち伏せしたり、女性の車を尾行したりする行為を計3回行ったとしている。

 守山署によると、女性は西田容疑者が3年前に通院していた診療所に勤務。昨年2月には、西田容疑者が自宅を訪れたり、野菜を家の前に置いていくなどの行為を繰り返したとして守山署に相談していた。

2011-06-29 Wed 00:24
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)---使えるかも。
デモ女性の「処女検査」認める 対象は17人とエジプト軍
2011.6.28 12:25
 国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は27日、エジプト軍最高評議会のシーシ少将が、ムバラク政権崩壊後のデモに参加した女性らを軍が拘束、性交渉の経験の有無を調べる「処女検査」を行ったことを認めた上で、今後は行わないと述べたと明らかにした。

 アムネスティの声明によると、軍は3月9日、カイロ中心部の広場からデモ隊を排除した際に拘束した女性17人に同検査を行った。少将は軍が性的暴行を加えたとの訴えを避けることが目的だったと説明した。

 アムネスティ側は、検査は無意味で拷問に等しいと批判、女性らへの補償や謝罪を求めている。(共同)

2011-06-29 Wed 00:13
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
日本の真実。
外国人研修制度の対応批判=人身売買報告書―米国務省 (時事通信)

 【ワシントン時事】米国務省は27日、世界約180カ国・地域の人身売買の実態をまとめ、各国政府の取り組み状況を4段階に格付けした2011年版人身売買報告書を公表した。報告書は日本について、外国人研修生制度に絡む虐待問題に適切に対処していないなどと批判、7年連続で上から2番目のグループに位置付けた。

 報告書は、中国人研修生らに対する保証金を通じた身柄拘束や行動制限、無報酬労働などの虐待の事実が報じられているにもかかわらず、日本政府は強制労働の存在を認めていないと指摘。「日本政府は人身売買撲滅に向けた最低限の基準を順守していない」と結論付けた。 

[時事通信社]

2011-06-28 Tue 14:47
別窓 | 日本の真実 | コメント:0 | トラックバック:0
丸で私のことを書いてあるようだ。私の場合、誰が私をそうさせた??私は売春婦ではないが...
渡邊泰子さんへのレクイエム ── 「東電OL殺人事件」ノート ── 第3回
旧『南仏通信』より加筆修正/2004年記(2007.10.03)



◎修羅の行路
最後の事実経過は、修羅の行路です。死者を鞭うつのではなく、渡邊さんが菩薩でもありデーモンでもあったことを、私たち衆生にも目にすることのできた事実を記します。

それは、ものすごい吝嗇と餓鬼道でした。

“堕ちる”前は吝嗇も餓鬼道も顕れることはなかったでしょう。もともと潜在していたものが“堕ちる”ことで顕在したのか、それとも吝嗇も餓鬼道も“堕落”に付随することなのでしょうか?

金に汚く、ケチになりました。落ちているものはなんでも拾いまくる、もはや気取りもなにもない赤裸な世界です。お客が約束した金額を出し惜しみしたりすると、大声を出してののしったといいます。道で汚れたビールびんを拾って、酒屋に持ち込んで5円と交換します。こうした小銭はコンビニで、100円・1000円・5000円・10000円としつこく“逆両替”しました。

ところで、彼女は自分の価格を1回2万円としていましたが、外国人労働者には5000円、ときには2000円で売っていたことが手帳に記されています。それは貧しい男たちへの慈悲だったのでしょうか? それとも自らに課したノルマを果たすための、バーゲンにすぎなかったのでしょうか?

Shibuya 109 を過ぎて道玄坂を登った左に、セブンイレブン円山町店があります。渡邊さんは寒い季節、ここで“つゆだくのおでん”を買うのが常でした。おでんの入ったビニール袋を提げてホテルにも行きました。ビールの缶は3個求め、うち1つは必ず濃いビールで、最初にそれから飲んだそうです。こうしたビールを飲む癖(3個買って1つは濃く、最初に飲む)は亡き父の癖だったそうです。こんなところにも血はつながっているのです。父のことも東電も、最後まで誇りにしていたともいわれています。

彼女の夕食は、あと菓子パンだけです。これは、いつもというのではありません。ともかく栄養不足です。さすがに“労働”のあとはひもじくなったのか、終電の中で音を立てておでんの残り汁をすすり、パンをむさぼり食べる様子はすさまじかったそうです。井の頭線終電の“有名人”だったそうで、乗客たちに強い印象を与えています。

渡邊さんは円山町のラブホテルから、軒なみオミットされていました。一晩に何回も出入りする“商売女”だからというだけではありません。ベッドで小水を漏らし、部屋で脱糞するという狼藉をはたらくというのです。──なぜ? 性行為としてのSMかもしれませんが、ホテルがいやがるのは当然です。彼女は駐車場やアパートなどの階段下の暗がりでも“営業”しました。道ばたでしゃがみ込んで小便もしました。多くの人が目撃しています。

彼女は(ほとんど?)無休で、憑かれたように売春し続けました。いくらなんでも生理の時は別だろうと思いますが、摂食障害の体では果たして生理があったかどうか……。となると、やはり無休だったということなのでしょう。

稼いだ金はどうなったのでしょう? 使っていないことは間違いなく、ひたすら住友銀行新橋支店の口座に入金していたと思われます。計算によると、6年間の“労働報酬”は1億円にのぼるそうです。

こうやって彼女の営為を振り返っていくと、彼女の死は“無念の死”というより“安息の死”のようにさえ思われるのです。誰かが殺さなくとも、あのまま突っ走っていれば、いつかはクラッシュせざるを得なかったでしょう。爆発、そして消滅! その方がもっと悲惨だったかも知れないのです。

誰が彼女を死に至らしめたのか? 彼女自身なのか、世間なのか、それとも神か仏なのでしょうか?

聖書に、戒律に反して姦淫をなした女、すなわち売春婦を捕まえて、イエスの前に引き出したパリサイ人が、「戒律では石もて打てとある、あなたはどうする?」と訊ねます。イエスが「あなた方の中で罪なき者から、先ずこの女を打ちなさい」と言うと、誰もが良心に恥じて去っていきました。男たちはみなこの女と姦淫していたのですから。

女たちも、また、そうであるのではないでしょうか──?

2011-06-28 Tue 14:29
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
日本の真相。
 東電OL殺人事件の被害者は反原発の為消された?
  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 東京電力東京本店 企画部経済調査室副長、渡邊泰子。
 http://www.gekiura.com/~press/watanabe.jpg

 通産省との連絡役を務めた慶応大学卒のエリート
 女性幹部。1997年渋谷円山町のボロアパートで
 売春婦として殺された女性の表の顔である。

 当時の殺人現場
 http://www.gekiura.com/~press/sibuya.jpg

 今も残る殺された円山町のアパート
 http://www.gekiura.com/~press/sibuya2.jpg
 http://www.gekiura.com/~press/sibuya3.jpg

 渡邊女史の父も東電幹部であったが在職中に病死。
 この父娘の死には原発の影がつきまとうという。

 渡邊女史の父は東電公務部統括する幹部だったが
 当時「明るい未来のエネルギー」として期待されていた
 原発事業にも関わる立ち場にいた。
 しかし高圧の地中送電線を東京都内に引く責任者を務めてからは
 反原発に転じ、社内で原発の危険性を説くようになり
 副部長という役職からたった1年で降格。翌年ガンで急死・・。
 その2年後に予測されたかのようにスリーマイル事故が起る。
 
 当時慶応2年生だった泰子を、東電に引き入れたのは
 あの勝俣だったという。
 そして泰子は勝俣が当時企画部長を務めた企画部経済室へ。
 そこには現在副社長を務める企画管理課長藤原氏もいる
 花形部署だった。

 しかし勝俣、藤原の思いとは裏腹に泰子は
 父の意思を継ぎ、反原発へ。そのリポートは賞を取る程
 すぐれたものだったという。
 そして・・渡邊親子が警告を発し続けたプルサーマルが
 本格稼働した1997年、泰子は売春婦として殺され
 闇に葬られた。

 そして泰子の死の翌年、勝俣は常務取締役になり
 原発推進事業が加速し、今に至るという。

 泰子を殺した犯人は売春客だったネパール人(実刑確定済み)
 とされているが、冤罪の可能性が高く
 捨てられた泰子の定期など矛盾点も多い。

 東電の圧力で報道規制をかける事も可能だったろうこの事件。
 OLではなく管理職だったにも関わらず「売春婦」として
 報道が垂れ流された、その理由は何なのだろうか。
 そして事件の真犯人、深層は。

2011-06-28 Tue 14:16
別窓 | 日本の真実 | コメント:0 | トラックバック:0
変な日本人たち。
給食食材の放射性物質影響 京滋保護者が不安視印刷用画面を開く

原発事故による放射能汚染と学校給食との関連を京都市教委の担当者に質問する保護者たち(15日、京都市中京区)
 学校給食に使う食材をめぐり、福島第1原発事故による放射性物質の影響を不安視する声が京滋の保護者から出されている。背景には国が定めた食品の暫定基準への不信感があり、独自基準の設定を求める意見も上がる。一方、過度に踏み込んだ対策は逆に被災地の風評被害につながる懸念もあり、学校側は対応に苦慮している。

 「京都が他に先駆けて、給食の食材に独自の放射性物質基準を設けてほしい」。「京都お母ちゃんネットワーク」の5人が15日、京都市教委に要請した。同ネットは、原発事故を受けて市立小学校の保護者らが立ちあげた。

 国は食品の放射性物質に出荷停止を伴う暫定基準値を設けている。にもかかわらず同ネットが独自基準を求めたのは、国の対策が「不確かであいまい」(山崎典子代表)と映るからだ。学校での被ばく量上限をめぐり、国が従来の20倍に緩和する方針を公表、撤回した二転三転の対応も、信頼性をゆるがせた。

 市教委は独自基準の設定には「自治体ごとに基準が違えば混乱する」と難色を示す。一方で22日の市議会委員会で、過去に出荷停止を受けた福島など東北・北関東5県産の給食食材を、7月上旬から独自検査する方針を打ち出した。そのうえで「保護者の関心は理解できる。科学的にどういう根拠で安心できるのか、明確な説明がない」と、国の対応に不満をにじませた。しかし学校側にとっては、独自策が過度になると「風評被害につながりかねない」と、踏み込んだ対策を取りにくい事情もある。特に風評被害に苦しむ福島県の農家支援を打ち出す京都府、滋賀県は困惑する。

 滋賀県の嘉田由紀子知事は4月下旬、「福島県産品の販売を後押しする」として職員食堂で使うと表明した。ところが「給食で積極的に使う」とテレビが誤報し、「撤回しろ」「子どもは給食、食材を選べない」と1日で42件もの抗議が殺到。子どもの健康に直結する給食の安全性に関する敏感さを示した。

 この騒動に振り回された県教委スポーツ健康課の担当者は「今までとルールを変えると風評被害を生みかねない。『積極的に使う』とも『使用を自粛する』とも、あえて言わない」と打ち明ける。

2011-06-27 Mon 05:43
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
女の子とお付き合いする8つのメリット
女の子とお付き合いする8つのメリット
6月23日14時00分 提供:スゴレン
コメントする165ブログに書く
写真を拡大
スゴレン
友人から彼女自慢をされたとき、「彼女がほしい!」と心の中で叫んだことのある男性もいるのではないでしょうか。「付き合うことにメリットなんて考える必要はない!」という意見もありますが、メリットを整理することで、さらに付き合うことへのモチベーションが上がるかもしれません。そこで今回は、「女の子とお付き合いする8つのメリット」を紹介させていただきます。

【1】彼女をもっと好きになる可能性がある。
多くの時間を共有することで、付き合う前では分からなかった彼女の魅力を見つけることができます。ただし、「こんな人だとは思わなかった」とマイナス印象を持つ可能性もあります。

【2】「喜ばせる」ことの充実感を味わうことができる。
付き合った記念日や彼女の誕生日など、恋人がいるからこそ発生するイベントがあります。そのようなイベントにおいて、彼女の笑顔を見て、「喜ばせる」ことの充実感を得ることができます。また、彼女を喜ばせるために、情報に敏感になり、企画力などを身につけることができるチャンスにもなります。

【3】結婚相手を早期発見できる。
付き合った末に、結婚に踏み切るカップルも多数いるでしょう。女性と付き合うことは、将来の伴侶を見つけることができるチャンスでもあります。早くに結婚して身を固めたい人は、早期に付き合った方が良いでしょう。

【4】女性の扱いが上手になる。
彼女と過ごすことで、女性の性質や対応法についての理解も深まるでしょう。彼女に対しての対応だけではなく、学校や会社などでも女性に対する振る舞いが上手になれるでしょう。

【5】デートスポットを堪能することができる。
デートスポットは、彼女と一緒に行ったとき、本来の魅力を感じるもの。男友達同士で行く時とはその魅力に雲泥の差が出てくるでしょう。彼女を作って、夜景がきれいな場所へ行くなどロマンチックなデートをしてみてはいかがでしょうか。

【6】自信を持つことができる。
恋人がいることで、自信を持つ男性もいます。自信がつくことで、仕事に対する取り組み方も変わり、評価が高まるチャンスとなるかもしれません。

【7】「自分のことを心配してくれる人がいる」という安心感がある。
自分の両親以外に、自分のことを大事にしてくれる「彼女」という存在がいることで、安心感を得ることができます。同じように彼女のことを大事にすることで、良好なお付き合いができるでしょう。

【8】周囲に対する劣等感が解消される。
学生時代は、「彼女がいる」ということは大きなステータスのひとつ。彼女を作ることで、周囲に対する劣等感が解消され、明るく振る舞えるでしょう。ただし、調子に乗りすぎた場合、周囲の反感を買う恐れがあるので注意しましょう。

付き合うことで「得ることができること」は、きっとたくさんあると思います。他にはどのようなメリットがあるのでしょうか。みなさんの意見をお待ちしております。

2011-06-25 Sat 00:59
別窓 | 裁判・材料 | コメント:0 | トラックバック:0
人格も尊厳も踏み躙った。
千葉県松戸市で2009年、千葉大学の女子学生を殺害して放火するなどした罪に問われた男に対し、検察側は死刑を求刑しました。

 竪山辰美被告(50)は2009年の10月、千葉大学4年・荻野友花里さん(当時21)を包丁で刺して殺害し、現金などを奪ったうえ、部屋に放火した罪などに問われています。22日の裁判で、荻野さんの母親は「友花里の人格も尊厳も踏みにじった」などと涙ながらに極刑を訴えました。検察側は、「強い殺意を持って左胸を刺したのは明らか。非人間的で凶悪極まりない犯行」などと指摘し、竪山被告に死刑を求刑しました。

2011-06-24 Fri 01:29
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
時々頭が可笑しくなる日本人。
海水浴場の放射線暫定基準、飲料水より厳しく
読売新聞 6月23日(木)20時1分配信
 東京電力福島第一原発事故で、海水浴場などの水質への影響を懸念する自治体の要望を受け、環境省は23日、水中に含まれる放射性物質の暫定的な基準を決めた。

 基準は1リットルあたり、放射性セシウムが50ベクレル、放射性ヨウ素を30ベクレルで、飲料水(セシウムは200ベクレル、ヨウ素は300ベクレル)より厳しく設定。海水浴が日常生活に不可欠ではないことから、被曝(ひばく)量を可能な限り低く抑えることが望ましいと判断した。同省は、海水浴場の開設者に対して、1か月に1度程度、放射性物質の濃度調査や砂浜の放射線量を計測することも勧めている。

 同省のまとめによると、23日までに静岡、神奈川、茨城、福島県などが水質を調べた135か所のうち、同県いわき市勿来(なこそ)町の海水浴場で放射性セシウムが約13ベクレル検出された以外はいずれも不検出だった。

2011-06-24 Fri 01:02
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
「メラビアンの法則」
数秒間で差がつくビジネスマナー「身だしなみ」を整える
それでは、ここから実践編に入りましょう。
皆さんは、はじめて人と会って印象を決める時、どのくらいの時間をかけ、何を手がかりにしていると思いますか?
「メラビアンの法則」では、話をしている人の印象を決めるのに占める話の内容はたったの7%。5割は視覚、4割が聴覚に基づいているといわれています。つまり、視覚的な「身だしなみ」「姿勢」「表情」や、聴覚的な「声の表情」「話し方(声のトーン)」でほとんどが決まるといわれています。
しかも、第一印象が決まる時間はというと、「3秒でぱっと見」「30秒で話し方」「3分で立ち振る舞いを含めた総合印象」という短さ。さらに一度相手に不快感を持たれると、その後良好な関係を築くことは難しくなるといわれています。
それでは、まずは第一の関門である「3秒でぱっと見」を突破するためにどうしたらよいのでしょう。これは、シンプルに「身だしなみを整える」ことが筆頭にあげられます。
よく「身だしなみ」と「おしゃれ」を混同する人がいますが、「身だしなみ」は相手に対して仕事への誠意や熱意を示したり、好感を持ってもらうためのものです。決して、自分の個性をアピールしたり、自己満足のためにするものではありません。あくまで相手のためにするもの。仕事として割り切って「身だしなみ」を考えることが必要です。

なお、ポイントは3つあります。まず1つめは「清潔感」。これは、洗濯している、お風呂に入っているという単なる「清潔」ではなく、髪型からつめの先、靴や小物まで全体に端正で、手入れがきちんとされている感じが必要です。そして、2つめは「TPOに合った服装」という表現があるように、時と場所と目的に合わせた服装でいるかどうか。最後に、仕事や作業に合った「機能性」、つまり仕事に相応しい印象と形態かどうかということがあげられます。男性女性とも、それぞれの職場でルールがあると思いますが、一般的にはスーツやそれに準じた「上品な」スタイルが求められるようです。
こうした身だしなみをキープするのは、なかなかたいへんですが、そのコツを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
チェックシートで時々点検する

忘れ物防止や状態チェックのために、客観的に見てみることが大事です。チェックリストを設けましたので参考にしてください。
<服装&身だしなみのチェックシート>
チェックシートで服装&身だしなみを点検!
<忘れ物はない? 携帯品チェックシート>
チェックシートで携帯品を点検!
色を抑えめにする

男性は白いシャツを基本にネクタイも色味を抑えて。女性は全体を3色程度に抑えると、すっきりと上品に見えます。
体に合ったサイズを選ぶ

きちんと体に合ったサイズのものを着ていると、端正な印象があります。サイズが変わったら、買い直すことも必要です。
スーツは4~5着用意する

毎日同じスーツを着ていると、しわが取れにくくなり、匂いもつきがち。ローテーションで着回しましょう。靴も同様です。
流行やブランド品は避ける

流行のものやブランド品は華美な印象を与えがちです。特に上司や取引先とのバランスを考えて高価すぎるものは避けましょう。

2011-06-23 Thu 00:30
別窓 | 裁判・材料 | コメント:0 | トラックバック:0
留学生が日本に戻ってきたワケ
留学生が日本に戻ってきたワケ(上)
2011.5.31 19:14 (1/4ページ)

クリックして拡大する
【Campus新聞】留学生、Svetlana_Plekhanovaさん(from_Russia_スベトラーナ・プレハノワさん)

 3・11の東日本大震災は、日本に留学中の外国人学生たちにも大きな影響を及ぼした。留学生たちの多くは震災後、いったん日本を離れたが、多くが再び戻って勉学に励んでいる。神戸に留学中に震災に遭った2人の女子留学生が、なぜ日本に帰ってきたのかを明らかにする。今回のテーマは「留学生が日本に戻ってきたワケ」とした。

今週のリポーター 女子留学生、スベトラーナ・プレハノワさん

(from Russia)
 ≪放射能心配する家族 2週間かけて説得 日本が大好きだから≫

For two weeks I was convincing my family to let me go back to Japan, because I believe in this country and love it.

 春休みに友だちとインドを旅行中に大震災は起きた。インドのヒマラヤにある小さいインターネットカフェに入って、いつものようにメールをチェックすると、50通ほどの未読メールが入っていた。「今どこ?」「大丈夫?」「元気?」…。そのとき初めて東日本大震災が発生したことを知ったのだ。

 大震災と津波のニュースに、ひどいショックを受けた。

 のんびりとした旅行はこれで終わった。それから毎日、何回かニュースを読み、日本にいる友だちと連絡をとり、「これからどうするのか」をずっと考え続けた。

 モスクワの家族と友だちは、日本に行かずにロシアに帰国するように説得した。「放射能は目に見えないから一番危ない」と何度も聞かされた。

これからどうするのか

 ロシアでは、一般の人々はテレビで福島第1原発の恐ろしいニュースを見て、「日本は大きくない国だから放射能は全国に早く広がる」と思っていた。

 さらに、25年前のソ連時代、ウクライナのチェルノブイリ原発事故のことを、多くの人がまだよく覚えている。福島原発の事故が史上最悪のチェルノブイリ事故とダブって見えていた。チェルノブイリ事故当時、私は幼稚園児だったので覚えていないが、放射能のことをもちろん心配した。

 しかし、留学先の神戸は、福島からもかなり離れている。日本のニュースを見て、日本にいる友だちの意見も聞いて絶対に日本に帰ると決めた。

 ただ、家族を心配させないように、インドから2週間、ロシアに帰った。外国で伝えられるほど、実態はひどくないと説明した。その2週間は毎日、家族と友だちを安心させた。

 留学生たちはみな今回、同じようなジレンマを経験した。テレビで恐ろしいニュースを見た両親にいくら安心だと言っても説得できない。

 帰国できた留学生の大半は、しばらく帰国した。普通は2~3週間ぐらいだ。一時帰国した知り合いの留学生たちは日本に戻り、留学を続けている。

素晴らしい社会制度

 どうしてか?

 主な理由の一つは日本のシステムの信頼性だ。多くの留学生たちは、日本がいい社会制度をもつ高度な先進国とのイメージを持っている。自国のシステムより日本のシステムを信用している。日本だったら大変な状況もコントロールできるはずだ、高度な技術を使って災害後の情勢にうまく対処できるはずだと、思っている。

 もうひとつの理由は、留学生の多くが日本を好きなことがある。留学生たちはとても優しい日本に共感を覚えている。

 献血や寄付などのボランティア活動に参加したり、参加を望む留学生は大勢いる。知り合いの留学生たちはフェイスブックで日本復興支援のグループを作って寄付を募った。

 日本に住んでいる外国人たちの多くは、いいことだけではなく悪いことも日本人とともに体験するのは当たり前のことだと思っているのだ。

 4月上旬に日本に帰ると、太陽が光り輝き、桜の花が咲き誇っていた。電車では、学生たちが騒いで、市場では新鮮な野菜が売られていた。夜には、居酒屋も込み合っていた。普通の平静な生活がそこにはあった。

 「ああよかった、何も変わってない」-。約1カ月間の恐ろしく不安で悪夢のような日々の後で、正直、ホッとした。

しかし、残念ながら、原発事故はまだ続いている。津波などで壊滅的な被害に遭った被災地の復興もまだまだだ。東日本大震災は、人間が自然災害に際して弱い存在であることを見せつけた。人生はもろいからこそ、平静な毎日の小さな幸せに感謝し、一生懸命に生きていくことが大切なのだ。日本人の克己心を称賛して皆と一緒に「日本、がんばれ!」と言いたい。(今週のリポーター:女子留学生、スベトラーナ・プレハノワ/SANKEI EXPRESS)

Svetlana Plekhanova

 1981年、モスクワ生まれ。2003年、ロシア経済学アカデミー卒業。社会経験を積んだ後、09年に文部科学省の奨学生プログラムで来日。現在は、兵庫県立大学大学院経済学部修士課程(環境経済)。環境保護団体で働くのが夢。

≪ともにあるからこそ 人々は強くなれる 人類が共有する「絆」≫

Solidarity among human beings is still alive! Kizuna connects us all!!≫

 震災の日、私は神戸にいた。その日から地震や津波、原発事故など次から次へと起こるニュースに一日中、食らいついていた。そんな私を落ち着かせてくれたのは、同じボスニア・ヘルツェゴビナからの留学生で、震災後、強い余震が続く東京から神戸に避難してきた2人の友人たちだった。

 平穏でありながらパニックに陥る経験をした。私たちはともにパニックに陥り、お互いに慰め合った。先が見えない「不安」という檻(おり)の中にいた。

 友人のひとりはできるだけ早く帰国すると決めた。気が動転した祖国の家族が帰国するよう懇願したのだ。外国メディアの報道は、それだけセンセーショナルなものだった。日本のメディアのほとんどが、廃虚と化した被災地の様子など一生忘れられない映像を伝えながらも、人々の不安や恐怖を取り除き、落ち着くよう呼びかけていたのとは対照的だった。

 春休みに一時帰国を計画していたが、この時期に私の新しい家となった日本、驚くほど親切な人たちを見捨てて帰るのか。残るのか、しばらく帰国するのか-。私は自問し、ジレンマに陥った。外国人の友人たちの多くも同じだった。私は引き裂かれるような思いだった。

可能な限り高い希望持つ

 メールや電話が洪水のように続いた。「大丈夫?」「状況はどうなの?」…。何年も音信不通だった人からも連絡が入ってきた。そして、関西は、東日本からは遠く離れており、大丈夫だ、と何度となく説明した。

 同時に、大震災で多くの犠牲者が出ている現実は、ボスニアの内戦を思い起こさせた。私はあの戦争のときにやったのと同じように対応しよう、と心に決めた。それは、可能な限り高く希望を持つこと。犠牲者の数がこれ以上増えないこと、被災者たちが早く家に戻れること…そんなことを望んだ。

 だが、家族や友人を恋しく思う気持ちには勝てなかった。2週間、一時帰国し、関西では水も食料もあり、ただ、一つのことを除いては人々は普通とほとんど変わらぬ生活をしていることを伝えようと考えた。人々が命のはかなさを強く認識したことが変わった。

 ボスニアでは、まるでジェットコースターのように心が揺れ動いた。誰と会っても、最後に言われるのは「なぜ、戻るの。ここにいなさい」。それでも、日本のニュースを見ずにはいられなかった。そして、ボスニアの友人たちが被災した日本を称賛していることに気付いた。

 日本が被災地への高速道路を素早く復旧させたこと、日本は被災しているのにボスニア内戦で敷設された地雷除去のために人道支援を実施したこと、さらに、菅直人首相が原発危機が収束するまで歳費を返上すると表明したこと…。ボスニアの人の多くは日本の原則的な姿勢に驚きと共感を覚えた。

そんな日本への絆や共感、連帯感でチャリティーイベントがボスニアでいくつも開かれた。日本がボスニアを支援してくれたからお返しをするのではない。連帯の心、震災に匹敵する内戦の苦難を乗り越えようという国民の記憶が、イベント開催の力となり、多くのボスニアの若者たちが共感し参加した。

 集めた金額は少ないかもしれないが、助けたいと願う若者たちの存在は私の心を揺さぶり、実にもろい人道と連帯への希望灯が私の中でともった。

背中を押してくれた母

 この連帯と絆はいま、関西のわが家の周辺でも感じることができる。スーパーの前で子供たちが募金活動を行い、「がんばろう東日本」のメッセージはいたるところにある。

 この絆は、人類に共通のものなのだろうか。私はそうだと信じている。なぜなら、人々は苦難のとき、「ともにあるからこそ強くなれる」からだ。日本はそれができることをいままさに見せてくれている。

 日本は今、苦難の中にある。その勤勉で正直な国民が団結し、謙遜して我慢強く耐えれば、高い技術を持つ日本が震災前以上に強くなって復活することは間違いない。

 「Naprijed Japan!」(ボスニア語で、「がんばろう日本!」の意)

 そんな私に、母は最後に心配そうな目を向けながら、こう別れの言葉を言った。

 「なぜ、あなたは日本に帰らないの。ほかに、どんな理由が必要だというの?」

 (今週のリポーター:女子留学生、ブルーナ・バユラモビッチ/SANKEI EXPRESS)

Bruna Bajramovic

 ボスニア・ヘルツェゴビナ出身。サラエボ大学建築学部卒業。1年半前に来日し神戸芸術工科大学で環境デザインを学んでいる。将来は、人によりよい生活環境を築きながら環境にも優しいデザインをする仕事につきたい。28歳。

2011-06-22 Wed 12:45
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
日本人の本質。
元駐タイ大使・岡崎久彦 低レベル放射能それほど危険か
2011.6.22 03:19 (1/3ページ)

クリックして拡大する
国民に真実伝えなかった政府

 米有力シンクタンク、ヘリテージ財団が、東日本大震災への日本の対応ぶりをレビューして、今後の米国への教訓とするために、報告書を発表した。

 日本国内では、原発問題をめぐって、非難、弁護相交錯して泥仕合の様相を呈しているので、評価が定まるのはもっと先になろう。その意味で、米国で早くもまとまった評価は参考になる。

 日本の対応ぶりについては、まず称賛である。「天災国日本は、『準備の文化』を示した。過去の災害の教訓を生かし、災害対策を準備してきたことが成果を生んだ。昨年9月の地震避難訓練には67万人が参加した。そして実際の地震に対して、日本国民は、素晴らしい規律と耐え忍ぶ能力とを示し、暴動や大混乱などは生じなかった」と、米国も準備の文化を育てるべきだと言っている。

 他方、日本の対処ぶりの中では情報の伝達に問題があったと指摘している。「政府が福島原発の状況につき、満足できる情報を提供できなかったので、国民の恐れと不安感を高め、世界のメディアの憶測や誤報を招いた」とし、「日本政府の対応の中で、最も問題だったのは、低レベル放射能にどの程度リスクが有るかを、有効に伝えることができなかったことであった」と指摘している。

 これについては、「混乱が生じる理由の一つには、低レベル放射能についてはいまだ多くの科学的論争があることである」と、慎重に留保しつつも、「低レベル放射能の危険は一般に考えられているものよりはるかに少ないかもしれない」「現在の基準が危険を過大視していることを示唆する科学的証拠もある」と述べている。

そして、災害の真っただ中で、この問題の複雑さを説明するのは困難なことであろうと、再び留保しつつも、米国は将来の同様な危機に際して、低レベル放射能についての正確な情報の提供に努力すべきであると唱えている。

毒も薬になるホルミシス効果

 回りくどい言い方はしているが、詰めて言えば、あるレベル以下の放射能は危険でないということを、初めからはっきり国民に知らせられれば、今回の日本のような混乱は避けられるだろう、と言っているのである。

 時を同じくして、注目されるのは、2008年の米ミズーリ大学名誉教授のトーマス・D・ラッキー博士の論文である。日本には、茂木弘道氏により紹介された。

 これは、広島、長崎の被爆者8万6543人の健康状態の追跡調査の結果の学術報告である。

 まず、長く原爆症で苦しんだ人々も含めて、被爆者の両親から生まれた子供に遺伝子上の奇形児は1人も見つかっていない。

 また、低レベル放射線を浴びた母親から生まれた子供たちの方が、一般平均と比較した場合、死産、先天性異常、新生児死亡などの比率が低い。

 がんについては、平均的な被爆者の人々の白血病による死亡率は、市外の2つの町のグループの人々より低かった。約20ミリシーベルトの被曝(ひばく)線量であった7400人のグループでは、がんの死亡率の著しい低下が見られた。そして、その他の数値を挙げ、結論として、低線量放射線は日本の原爆生存者の健康に生涯にわたり寄与したことを示している、と言っている。

さらに、日本の被爆生存者において、ほとんどの臓器がんには予想されたホルミシス効果が認められると、報告している。ホルミシス効果とは、生物に対して有害なものが微量である場合は、逆に良い効果を表すという生理的刺激効果のこと、つまり、毒を薄めると薬となるということである。

60~100ミリシーベルトが健康に最適

 東京大学の稲恭宏博士によると、塩をどんぶり一杯食べれば人間は倒れるが、少量の塩がなくては生きていけない。ラッキー博士の報告によれば、がんについては、20ミリシーベルトが一番良い塩加減ということになるが、博士は他の論文では、60~100ミリシーベルトが人間の健康にとっても最適の数値であろうと言っている。

 たしかに私の知人でも、広島の被爆者で80歳過ぎても元気な人がいて、その親類の被爆者も皆元気で長生きだという。

 そういえば、昔は皆、健康のためと言って、ラジウム温泉に入ったり、放射能が出るといわれてカルルスせんべいなるものを食べたりしたことも記憶する。

 素人考えでも、人類を含めてすべての生物は、宇宙から来る放射線を浴びている地球の中で発生し、共存しつつ進化してきたのであるから、放射線があることを前提条件として生きているのであろう。そして当然に、日光を浴びるごとにホルミシス効果の恩恵も受けてきたことは、常識として納得できることである。むしろ、放射線を全部遮断すると微生物が育たないということもあるという。

 私は専門家でも何でもない。最近の米国の評論を紹介しているだけである。ここでやめるべきであろう。これ以上を語ることは、素人として口数が多すぎる。(おかざき ひさひこ)

2011-06-22 Wed 12:24
別窓 | 日本人の真実 | コメント:0 | トラックバック:0
| 不死鳥の独り言 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。