スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
やくざの世界。
伝説のAV女優“自殺の真相”…元恋人がいま明かす (夕刊フジ)

記事写真

 自殺した林由美香さん(映画「監督失格」から、提供写真)(写真提供 産経新聞社)
 6年前の2005年6月26日、35歳の誕生日を翌日に控えた人気AV女優が謎の死を遂げた。新聞や週刊誌で「AV女優 謎の自殺」と報じられたことをまだ覚えている方はいるだろうか?

 急逝したのは林由美香さん。200本を超えるAVに出演し、04年には第17回ピンク大賞を受賞、出演したピンク映画「たまもの」がライプツィヒ国際映画祭に招待されるなど、AVの垣根を跳び越えて活躍していた。今も大勢のファンを持つ伝説のAV女優だ。

 これまで、林さんの死の真相は謎に包まれていた。その封印を解くドキュメンタリー映画「監督失格」が9月3日にロードショー公開される。監督は、林さんの元恋人で、死亡現場で第一発見者となった平野勝之監督だ。

 96年、平野監督と林さんは北海道まで1カ月間の自転車旅行に出た。当時、林さんは恋人ができても4カ月以上続いたことがなかった。人を深く愛することができない彼女が平野監督に同行したのは、自分の寂しさを紛らわすためと、なんでも受け止めてくれる監督の優しさだった。

 たどり着いた目的地の、北の果ての孤島でたがいに真っ裸になって踊るふたり。天真爛漫な喜びぶりを記録した映像はのちにAVや一般映画として公開もされた。

 しかしあまりに違う性格が原因となり、心はやがてすれ違う。喧嘩しては罵り合い、結局はどちらかが泣いて謝る。傷をなめ合うようなふたりの姿は、東京に帰ってから自然に別れる運命を示唆していた。

 別れから6年後、ある企画で再び林さんをテーマにドキュメンタリーを撮るという話が平野監督に舞い込んだ。彼女と別れて以来、作品を生み出すことができなかった平野監督は「ケリをつけなければ何もできない」と、意を決してコンタクトを取り、約束の日にマンションに会いに行った。しかしいくらチャイムを鳴らしても林さんは出ない。翌日も訪れた平野監督は異変を確信した。

 「由美香はこんなことで仕事に穴を開ける奴じゃない」

 林さんの母親に来てもらい部屋に入った平野監督が第一発見者となる。その様子を、足元のカメラが無情にも黙々と記録していた。そのことで、平野監督は警察の疑念を招いた。「なぜカメラが用意され、撮影されていたのか。平野監督が死に関与しているのではないか」というのだ。

 もちろん疑念はすぐに晴れるが、このこともあって、平野監督、林さんの母、弁護士との間で文書が交わされ、偶然撮られたそのフィルムは「公開禁止」と決まった。

 時が過ぎ、母親の了承もあって、禁断のフィルムが公開されることになったが、それでも平野監督は、自分が林さんを忘れることが怖いために作品にして公開したくなかったという。「編集中、平野監督はひたすら泣いていた」と作品関係者は明かす。

 かつての恋人を思う愛と映画監督としての思い。ふたつが交錯した、迫真のドキュメンタリーだ。

スポンサーサイト
2011-08-09 Tue 12:12
別窓 | 裁判・スラム心理 | コメント:0 | トラックバック:0
连猪圈都不如的住所
这起涉案金额高、参与人数多的案件,已经在意大利国内引发高度关注。其实华人在意大利非法移民、非法用工以及假货等问题一直存在,很多偷渡来的华人为还债,不得不给华人老板打工。而这些老板给工人提供的却是连猪圈都不如的住所,华人内部的剥削、欺诈事件使意大利社会开始关注华人的“手党性”,也在一定程度上损害了华人的声誉。

不过从整体来看,随着华商经济日益成为意大利经济发展中的一股重要力量,在意华人华侨也一直在努力融入当地社会。

2010-06-30 Wed 21:49
別窓 | 裁判・スラム心理 | コメント:0 | トラックバック:0
女子高生を強姦、性器なめさせる - 桑飼小学校教諭、細野弘和を逮捕 - 京
警察の調べによると、細野弘和容疑者は6月3日午後10時頃、京都府舞鶴市の北西約20キロにある与謝野町の路上で、自転車で帰宅中の女子高生にジョギングを装って横から体当たり。女子高生が転倒したところを、「舞鶴の事件みたいになりたいんか」と5月に舞鶴市で発生し、府警が捜査中の府立東舞鶴高校浮島分校1年、小杉美穂さん(15)殺害事件を持ち出して脅した。脅迫しながら女子生徒を近くの茂みに連れて行き、10~15分間に渡り女子高生に性的暴行を加えた。女子高生は足に3週間の軽傷。女子高生が襲われた現場は夜間、人通りがほとんどない田園地帯。桑飼小学校教諭、細野弘和は路上に停車させた白色の乗用車内で女子高生を見つけ、先回りをして強姦の犯行に及んでいた。細野弘和は警察の取り調べに「痴漢目的で押し倒したが、後のことは覚えていない」と供述している。強姦された女子高生は宮津署の調べに「舞鶴の脅し文句で、怖くなり抵抗できなかった」と説明している。府警は6月4日に被害を受けた女子生徒から相談を受けて捜査。少女が覚えていた白い車の特徴や現場の遺留品などから、細野弘和容疑者を特定したという。

警察によると与謝野町付近では2007年6月頃から女子中学生や女子高校生に男性性器をしゃぶらせるなどのわいせつ事件が今回の事件をのぞいて4件発生。それらの事件では白色の車も目撃されており、宮津署は細野弘和容疑者との関連を調べている。

細野弘和は教育計画などを立案する教務主任。桑飼小によると、「児童や父母の信頼が厚い先生で、誠実に職務に取り組んでいた」。処分は「教育委員会が厳正に対処する」という。与謝野町の垣中均教育長は7月4日日午後、記者会見し、「あってはならないこと。教育に対する信頼を損なう事態で、心よりおわびする」と謝罪した。同席した桑飼小の橋本亘正校長によると、細野容疑者は今年4月、町立桑飼小学校の教職員15人の中で校長、教頭に次ぐ教務主任に就任。橋本校長は「専門は体育で、放課後も残って児童とスポーツを楽しむなど、まじめで信頼される教師だった。無断欠勤や異常な様子も全くなかった」と困惑した表情で話した。

2010-06-18 Fri 08:45
別窓 | 裁判・スラム心理 | コメント:3 | トラックバック:0
こんなにむごく、卑劣な行いがあるだろうか。
ケープタウンに住む24歳の女性が13回もある部分を狙って撃たれ、死亡する事件が発生した。死ぬ直前に彼女は撃った犯人4名の名前を告げた。

事件が起こったのは6月1日、2人の子供がいるジェシカさん(24)は元ギャングメンバーのボーイフレンドと一緒に眠っていた。彼女の住んでいるところは、ジェシカさんの両親が住む家の庭にある小屋。その小屋に予期せぬ訪問者がやってきた。

ジェシカさんの父親によると、ノックに気づいてドアを開けたジェシカさんの前には4人の男性が立っていたという。そのうちの1人は周りからムガベ(Mugabe)と呼ばれている人物で、ムガベはジェシカさんのボーイフレンドを訪ねてきた。

ジェシカさんがボーイフレンドを呼ぼうと家の中へ入ったとき、彼らは銃を発砲した。ジェシカさんはボーイフレンドの上に倒れこんだ。4人は銃をジェシカさんの性器に向け13発も撃ち込んだ。父親が駆けつけたときジェシカさんは虫の息、しかし痛みにこらえながらも父親に犯人4人の名前を告げた。

「娘は自分はもう死んでると言った。痛みを感じなくなっていたからだという。こんなにむごく、卑劣な行いがあるだろうか。」と、父親は怒りをあらわにしている。

ほとんどの銃弾がジェシカさんの性器に当たっていたので、医者が検死の後に縫合しても皮膚が開いてしまうほどひどい有様だったとジェシカさんの妹も憤慨している。ジェシカさんの父親は「死刑を認めるよう法を改正するべきだ。犯人は人間ではないし、テロリストよりも低俗だ。」

一方、背中と足を撃たれたボーイフレンドの母親は、更なる襲撃に怯えている。「自分や息子だけでなく11歳になるもう1人の息子の命も狙われるかもしれないと思うと怖くて夜も眠れない。」そうだ。

警察はジェシカさんの最後の言葉を頼りに捜査を進め、現在数人を逮捕、殺人と殺人未遂の罪で起訴する予定だ

2010-06-10 Thu 13:31
別窓 | 裁判・スラム心理 | コメント:0 | トラックバック:0
どん底の人生を生きてきた人たち
紅子は十年前に生き別れた妹・藍子と再会する。死んだと聞かされていた藍子を抱きしめて、喜びをかみしめる紅子。しかし、どん底の人生を生きてきた藍子は、自分や母を不幸に陥れた紅子を恨んでいた。
 藍子が紅子を頼ってくる。紅子の幸せを奪う...藍子の愛憎が紅子に降りかかり..

2010-06-04 Fri 19:02
別窓 | 裁判・スラム心理 | コメント:0 | トラックバック:0
| 不死鳥の独り言 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。