スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
第三者から私を見る時、私も「無職、**才」だ!!
女ストーカー15年、59歳男性に手紙無理やり
読売新聞 9月14日(水)9時2分配信
 絵画教室を経営する京都市左京区の男性(59)につきまとい、好意を伝える手紙を無理やり渡すなどしたとして、下鴨署は13日、元生徒で大阪府高槻市山手町の無職西川久美子容疑者(48)をストーカー規制法違反容疑で逮捕した。

 西川容疑者は15年前から男性にストーカー行為を繰り返していたといい、「気持ちを伝えたかった」と容疑を認めている。

 発表では、西川容疑者は今年1~3月、男性の自宅に数回押しかけ、その度に「会いたい」「電話が欲しい」などと書いた手紙やメモを渡した疑い。

 同署によると、西川容疑者は約20年前に男性の絵画教室に通い始め、約15年前から待ち伏せするなどして手紙を渡すようになった。男性は絵画教室への参加を拒むなどしたが、西川容疑者が教室に押しかけるなどつきまといが収まらず、今年5月、同署に告訴した。

スポンサーサイト
2011-09-14 Wed 12:02
別窓 | 裁判・材料 | コメント:0 | トラックバック:0
『地位確認請求訴訟』で原告になった「わたし」。
http://blog.goo.ne.jp/tokyocity-union

『地位確認請求訴訟』で原告になった「わたし」。
『実録』!改善求めたら不当解雇、笹塚H不動産。労基法、労働契約法、民法、民訴法。法律を知らないと法律は守ってくれない。

2011-09-12 Mon 11:42
別窓 | 裁判・スラムのその後 | コメント:0 | トラックバック:0
オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口
http://blog.goo.ne.jp/tokyocity-union

「人事部の人間からしつこく『産業医に診てもらえ』と異常なまでに強要され、最後にはストーカーのように追いかけまわされたんです!」

 精密機械大手のオリンパス(東京都新宿区)の社員Hさんが、上司の非合法行為を内部通報したために配置転換されたと訴えた裁判で8月31日、東京高裁がオリンパス社の配置転換を無効とし、同社の行為は違法として220万円の損害賠償を命じた事件。判決後の会見でHさんが発した冒頭のコメントに、会場にいた支援者のひとりがこう続けた。

「オリンパスは産業医を使ってHさんを精神異常者に仕立て上げようとしたんですよ。手口がブラック過ぎます!」
 

 意味深な発言にざわめく会見場。今回の判決で浮かび上がった大手法律事務所のブラック過ぎる手口とは何なのか。

 すでに多くのメディアが報じている通り、今回のオリンパス敗訴の判決は多くの企業に導入されている「内部通報制度」のあり方に警鐘を鳴らした。と同時に、会社にとって都合の悪い社員が、会社側の顧問弁護士により社会的に抹殺されてしまう悪質な手口が明らかになりつつある。

 今回、敗訴となったオリンパス社を弁護した「森・濱田松本法律事務所」(東京都丸の内)は、日本の「四大法律事務所」のひとつと称されるほどの大手である。特に、担当をしたT谷という50代のベテラン女性弁護士は、労働法のエキスパートとしてメディアにも登場した経歴を持つ。ところが、このT谷弁護士がかねてから産業医とグルになり、陰湿な手口で社員を社会的に抹殺してきた疑いがあるという。今回の「オリンパス訴訟」を詳しく知るある人物がその手口を説明する。

「悪質な企業では、会社にとって都合のよくない社員に対して『精神的なケアをする』との名目で、会社お抱えの産業医に診断をさせるんです。この産業医が会社とグルで、その社員を『君は精神分裂症だ』『重度のウツなので治療が必要』などと診断し、精神病院へ措置入院させたり、合法的に解雇してしまい、事実が隠蔽されてしまう。過去にセクハラを訴えた多くのOLなどがこの手口で社会的に抹殺されていますし、今回のHさんもそのひとりの疑いがあります」

 つまり、一部の大手企業では、「裏コンプライアンス・マニュアル」として産業医を活用したブラックな手口が常態化しており、オリンパス社もそのひとつである疑いが強いのだという。


実際、オリンパス社に勝訴したHさんは、自身のブログに次のように記している。

<オリンパス人事部長・課長が、しつこく、ねちっと陰湿に、「オリンパス産業医診断」を強要したことと同じく、「あなたの健康のためだから」とか、「従業員の健康が会社の願いだから」、などと、巧みに、「オリンパス産業医の診断を受けてください」、「産業医の診断をうけて欲しいという会社の願いは組合としても同じだから」と、(中略)この、「組織ぐるみでの産業医診断強要作戦」は、「労働者に再起不能のレッテルを貼る(復職したくても、精神的なこを理由とされ、復職許可させないで休職期間満了退職を狙う)」ことを意図する、絶対にしてはならない「禁じ手」に他なりません>(原文ママ)

 また、今回の裁判で東京地裁に意見書を提出した関西大学教授の森岡孝二氏も、意見書の中で次のように述べている(カッコは筆者)。

<原告(Hさん)が面談したF氏(オリンパス社人事部)は、原告の通報事実にはほとんど関心を示さず、健康問題が心配だから産業医の診断を受けるように勧めた。その場では原告もそれを了解し、F氏が産業医の予約をとった。しかし、原告はその直後に不審に思い、その日のうちに自ら予約をキャンセルした>

オリンパス社と産業医のブラックな結託が徐々に浮かび上がってきたわけだが、ここで注目すべきは、本サイトで度々報じてきた「野村総合研究所強制わいせつ事件」(※記事参照)において、現在裁判中の野村総研側の弁護を担当しているのも、実はこのT谷という女性弁護士なのだ。本事件は、野村総研の上海支社副総経理(副支社長に相当)であるY田氏が、取引先の女性営業担当者A子さんの家に上がり込み、抱きつき、押し倒すなどの強制わいせつを働いた事件。女性は事件後に退社しているが、Y田氏はいまだ何の処分も受けてない。このことを野村総研に抗議したことで「名誉毀損」と・逆ギレ訴訟・を起こされたA子さんの支援者のひとりであるBさんは、裁判所に提出した書面に、森・濱田松本法律事務所のT谷弁護士が過去にも大手コンサルティング会社の弁護活動において、悪質な手口で一般社員を追い込んでいたと告発している(以下、裁判所の公開文書より抜粋)。

<T谷弁護士は(編注:原文は本名)都内の大手コンサルティング会社から労働法の専門弁護士として依頼を受任し(略)、不都合な社員や退職させたい社員がいる際には、まず集団ストーカーと呼ばれる手口で、その社員の周辺に複数の人間が常につきまとい、その社員に精神的苦痛を与え続け、その社員がたまらなくなって、怒鳴ったり暴力を振るったりしやすいようにする、もしくは精神的苦痛で自殺しやすい状況にする行為を続ける>

<このような集団ストーカー行為、もしくは産業医の制度を悪用する手口を使って、被害を訴える個人に対し、精神分裂症等の精神病として診断書を作成して被害者の発言の信憑性を低下させ、その上で産業医が治療と称し措置入院等を行う事で、報道、捜査機関、裁判所等を欺いて対応が出来ないようにし、さらに一般市民を自殺や泣き寝入りに追い込む>

 まさに、ブラックな企業とブラックな弁護士によるブラック過ぎる手口。大手企業のこうしたやり口は、過去に本サイトでも「<緊急座談会>問題なのは野村総研だけじゃない! 日本企業は海外でセクハラし放題! コンプライアンスはどうなってる !?」(※記事参照)で、専門家の意見を通して問題提起してきたところだが、あまりに常軌を逸した手口の陰湿さから、一部の読者からは「劇画的過ぎる。本当にそんな手口あるのか?」との質問が寄せられたほどだ。ところが、日本有数の大手法律事務所で常態化している疑いが、図らずも今回のオリンパス事件で改めて浮かび上がったようだ。

 冒頭の裁判関係者が言う。

「問題の女弁護士については、以前から集団ストーカーや嫌がらせ電話などの怪しい手口のウワサが絶えなかった。今回もそのやり方をして敗訴ですからね。これからヤバいんじゃないかって、弁護士や裁判官たちはウワサしてますよ」

 おりしも、オリンパスとT谷弁護士は期限(高裁判決から二週間)直前の9日に上告することを決定。さらに野村総研強制わいせつ事件も含めて「どんな悪あがきを続けるつもりなのか」(同)が注目される。なお、多くの産業医は社員の健康のために誠実に勤務しており、一部の悪質な専属産業医の実態を一般化するものではない。念のため付記しておきたい。



2011-09-12 Mon 11:41
別窓 | 裁判・スラムのその後 | コメント:0 | トラックバック:0
男友宁看A片不愿碰我如守活寡  とその心理分析
男友宁看A片不愿碰我如守活寡

文/刘士功


我发现在男友现在像变了一个人似的,周末他宁愿在电脑旁边通宵玩游戏,也不愿意碰我,我也想过是不是哪方面有问题了,可是他说不是,他也常下A片,电脑上有好多好多的A片,有时候晚上我睡了,他还在看,所以,我很不明白,这说明他应该是正常的啊。我跟男友在一起快五年了,我们是高中同学,他很帅,很傲气,我也长得五官标致,我们从高三就在一起了,大学因为异地而分手两年,在那期间我没交过其他男友,到我大学毕业找工作的时候,机缘巧合又遇见了男友,然后我们又在一起了,也是那一次,我把我的初夜给了他,我虽然没有后悔,但是看到他今天这个样子还是害怕。

他很疼我,总是在他能力范围内尽量给我最好的,我们穷的时候,一起吃一碗泡面,他会用他兼职的钱给我买衣服,买好吃的,我们逛街的时候,他会主动蹲下给我系鞋带,我冷的时候,他会给我挡风,会把我的手紧紧拽在他的手里不停的给我哈气,我以为我是这个世界上最幸福的女人了,可是不幸的事发生了。工作后,我们自然而然的同居了,刚开始那会,他几乎每天都会想要我,那会我不适应,可是还是坚持配合他,可是最近的一年里,他就一直没有碰过我了,刚开始我没在意,因为我对那事也不热衷,他要我就给,他不要我也不勉强,我闺蜜都说我有轻微的性冷淡,不知对错与否?

我也假设过他是不是在外面有别的女人了,但是也不可能,他公司的女孩子我几乎都见过,因为她们公司有一次组织出去春游,可以带家属,所以我也去了,他们都说我很漂亮,所以我不担心是因为他找到比我更漂亮的女人了,我对自己的外貌挺自信的,再说他每天都有按时回家吃饭,上班时间我也经常在网上跟他聊天,所以这点排除了。

然后我朋友叫我问他,跟他谈一谈,我也跟他谈过几次,每次问他,他就说工作压力大,很累,不想做,没兴趣什么的。然后我同学给我出招让我刺激刺激他这方面的欲望,我就买了一些性感的衣服,朋友还给我买了喷剂刺激他,可是对他用的时候他也是以什么借口给我推掉,让我弄得很没面子,就好像我是一个如狼似虎的老女人一样。

还有一个假设就是他不爱我了,但是这个假设也不成立,因为他每天早上起床都坚持亲我的脸,额头,嘴,晚上下班一进门就要抱我,晚上睡觉也要抱着我睡,有时候我感觉到他有反应了,可是他还是不碰我,我真的很佩服他。他干嘛要活憋着自己呢?这事我除了我一个闺蜜知道外,我不敢跟别人说,可是我闺蜜也不知道是什么问题,所以我很懊恼,因为我们今年就打算结婚了,毕竟我也不小了,已经二十六岁了,但是我怕结婚后他还是这样的,那我后半辈子不就是守活寡吗?我到底该选择怎么处理呢?

-------------------------------------------情感处方笺---------------------------------------------

从你的表述中不难看出你的男友在爱情的忠贞方面是没有问题的,这一点你可以暂且放心。对于你目前最大的疑惑就是男友为何宁愿自己一个人看毛片也不愿意和你过性生活。我想最大的原因应该是男性性功能障碍,也就是勃起困难,或者自己知道早泄不想让你看穿没有面子。证据如下:一、他的工作很忙,压力有点偏大,经常有心无力。二、他生活中对你照顾的恩爱有加,也许是以前自慰过多已经难以达到你的标准了,却碍于男人的自尊,只得从另一方面来弥补自己的遗憾,给你弯腰系鞋带,省吃俭用的钱买好吃的给你。每天还要用一些细节掩盖事实,比如说早上起床都坚持亲你的脸,额头,嘴,晚上下班一进门就要抱你,晚上睡觉也要抱着你睡,可是他就是不愿意碰我。
三、他就说工作压力大,很累,不想做,没兴趣什么的。压力大是一时的,不可能每周都是压力,即使你的同学给你出招让你刺激刺激他这方面的欲望,用一些性感的衣服和喷剂刺激他,他都会以各种借口借口给我推掉,这是男人性力不从心后最典型的特征。建议就是主动找男友推心置腹的谈谈,别害怕丢人,没有关系,到医院检查一下,通过几个月的治疗,戒除看毛片自慰之类的习惯,多运动锻炼身体,一定能够找到最佳点。

2011-09-11 Sun 13:23
別窓 | 裁判・材料 | コメント:0 | トラックバック:0
「TVばかり見てるとバカになる」!?
「TVばかり見てるとバカになる」!?

TVが国民に普及しだした1950年代後半、社会評論家の大宅壮一はそれに対し「一億総白痴化」という言葉で警鐘を鳴らした。

これは、TVというメディアは非常に低俗なものであり、TVばかり見ていると、人間の想像力や思考力を低下させてしまう、という意味合いの言葉だ。

TV番組のすべてが低俗であるとは言いきれないが、それらが多勢に流されやすい日本人の集団主義心性をあおり、一部の権力者にとって都合の良い情報を国民に刷り込んできたことは否めない。

しかしながら、東日本大震災以降、私たち日本人の意識は明らかに変わった。

くわえて、ツイッターや2ちゃんねるなど、一般人が自由に発言出来るメディアの登場によって、隠ぺいされていた事実や、少数派の意見も世間の明るみに出てくるようになった。

今回の島田報道バッシングだけではなく、フジテレビへの韓流抗議デモも、そういった意識の変化によってもたらされた国民の不満が噴出した結果だろう。

2011-09-11 Sun 13:10
別窓 | 裁判 | コメント:0 | トラックバック:0
| 不死鳥の独り言 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。