スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
内野聖陽の非情ドケチ…財産やらず養育費のみ---日本の価値観。
離婚でバレた!内野聖陽の非情ドケチ…財産やらず養育費のみ (夕刊フジ)

記事写真

 一路真輝との離婚について、自分の“役者バカ”ぶりが原因と説明していたが…(写真提供 産経新聞社)
 「安すぎる!」-一報を聞いたワイドショー関係者は、内野聖陽(42)と一路真輝(46)の離婚条件を聞いて目を丸くした。慰謝料や財産分与は一切なく、一路に親権がある一人娘の養育費を、成人になるまで毎月50万円(推定)を内野が支払うだけで決着。一路の役者仲間は、「彼女はよく我慢したと思うよ。よほど同じ空気を吸いたくなかったんだな」と同情する。

 2人は昨年2月に別居、1年以上前から弁護士を入れて離婚協議が始まっていた。しかし親権を含めた金銭的な離婚条件がまとまらず、長引いていた。

 離婚発表後、自宅前で取材に応じた内野は、写真誌に不倫現場を報じられたことに触れ「ダメおやじさを皆様に披瀝してしまった」と自虐コメント。しかし、不倫問題とは別に「互いの未来を話し合ってきた」と強調。自身の“役者バカ”ぶりが原因と説明した。

 だが、これに異を唱えるのが、宝塚時代から一路と親しい関係者。

 「一路は、役者の世界を十分理解している。亭主が仕事に打ち込みすぎたから離婚するなんて、そんなバカな理由はありえない」

 逆に周辺から聞こえてきたのは内野のシビアな金銭感覚だ。「家庭内のお金の使い方にまで、こまごまと口を出す。育児で専業主婦だった彼女は、あまりのケチっぷりに嫌気がさしていた。だから慰謝料、財産分与は諦めて養育費だけで我慢した」と先の関係者。

 ドラマ「JIN~仁~」の竜馬役が大当たりの内野は、東京・世田谷に豪邸を所有。資産価値は2億円とも。「CM出演も含め、内野の収入は軽く見積もっても1億円は下らない。なのに月々50万円とは…役職のあるサラリーマンの離婚条件とほとんど変わらない」(芸能評論家の肥留間正明氏)

 それでも、一路はさっさと身ぎれいにしたかったのだろう。

スポンサーサイト
2011-08-23 Tue 00:32
別窓 | 日本価値観の再確認 | コメント:0 | トラックバック:0
| 不死鳥の独り言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。